ビットバンクにおける注文方法とは

ビットバンクでは仮想通貨をインターネットを通じてオンライントレードすることができるようになっています。

その際には買いまたは売りの注文を出して、適切に決済することが必要です。レバレッジを適用した取引をする場合には、最初の注文から決済に至るまでの相場の変動による価格の差が、すなわちトレードによる利益となります。

ビットバンクで実際に売買の注文をするときの方法としては、成行・指値の両方のパターンがありますので、目的や状況に応じた使い分けをします。

成行注文は仮想通貨の数量のみを指定して、その数量分だけを確実に購入または売却する方法のことをいいます。価格的には売買いずれかのボタンをクリックしたその時点での時価というかたちになります。

そのため確実性が高い反面、約定した価格がトレーダー自身が考えていた価格とは違ってしまうことがあります。

いっぽうで指値注文のほうは、あらかじめ数量と価格の両方を指定しておいて、相場がその価格に到達した場合にのみ注文が発動するタイプのことをいいます。

価格と数量というふたつの要素が適切にマッチングする必要がありますので、どちらかの要素が揃わずに約定しないこともあり得ます。

そのかわりに価格の上ではトレーダー自身の想定が生かされることになりますので、決済に持ち込んで収益を上げるまでの戦略が立てやすくなり、ビットバンクにおいても一般的な方法として幅広く利用されているところです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です