ビットバンクの特徴とメリット・デメリット

ビットバンクは、仮想通貨の取引を行うことができる仮想通貨取引所のひとつで、仮想通貨の中、上級者に定評のある数種類のアルトコインが安く買えることで評価されています。

2014年に設立しており資本金は11億3000万円となっていることから、数ある取引所の中でも資本が多く歴史があることが分かります。

まだあまり一般的ではない仮想通貨の認識度やブロックチェーン技術の普及に貢献するべく教育コースを設けるなど、仮想通貨の盛り上げに努めています。

ビットバンクの特徴は、セキュリティに対して万全の対策をしていることで、ハッキング防止のためウェブ上から切り離したウォレットで資産を管理している上に、マルチシグと呼ばれる管理方法で内部犯への対策も施しています。

マルチシグとはウォレットの秘密鍵を複数人で管理し、全員の賛同が得られないとウォレットを開くことができないシステムで、リスクを減らしたセキュリティ運用が可能です。

また、利用者側のセキュリティ対策としてSMS認証と二段階認証が導入されているので、ログインも安心して行うことができます。

ビットバンクは取扱手数料無料や通貨出来高レースなどのキャンペーンが随時行われていることや24時間対応していること、チャットツールが豊富で操作しやすいなどのメリットがある一方、取扱っている通貨が6種類と少ないことや販売所が無いことなどから仮想通貨の初心者には少し難しい面があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です