ビットバンクを利用するには

ビットバンクは仮想通貨取引所のひとつで日本国内にあります。

ビットバンクは2014年に設立された仮想通貨取引所ですが、資本金が11億円もあるなど資金力の面で強みがあります。

ビットバンクで取引でいる仮想通貨は6種類でビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC)です。

特徴としてはすべての仮想通貨が取引所で取引できることで、そのため手数料が安いという点です。

ビットコインは流通量も多いため取引所で盛んに取引されていますが、ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインと呼ばれるものは手数料の高い販売所でしか売買できませんが、ビットバンクはこれらアルトコインも取引所での取引が出来るので手数料も安く、またその時の相場に近い価格で購入できますし、取引高も高く注文が成立しやすく、世界的に見てもベスト20に入る取引量があります。

このほかスマホアプリも提供されているので、外出先からでも取引できますし、セキュリティ対策も万全です。

ビットバンクを利用するのは簡単で、仮アカウントはメールアドレスのみで登録できます。

本格的な取引をするためには、個人情報を登録する必要があり、身分証明書の提出も必要ですが、これらの手続きはすべてインターネットを使って行うことができる仕組みです。

登録が完了すると本人受取郵便が送られてくるので、それを受け取れば本人確認および住所確認が完了したことになり、本格的な取引を開始することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です