母のいない人の母の日の過ごし方

subpage01

母の日って全国的にポピュラーで盛り上がるイベントですが、母のいない人の母の日の過ごし方はあまり提案されることがないのが現状です。

白いカーネーションを供えるなどの昔から伝わる慣わしはありますが、いろいろな事情で亡くなっていないけど母がいないという人も、今の世の中にはたくさんいるのが現状です。


そんな母のいないいろいろな事情の人の母の日が、楽しく明るい希望に続くものになるように、母の日のイベントを自分なりにアレンジすることをお勧めします。
例えば、母のいない人コミュニティをSNSで作成してみるのも良いかもしれません。母のいない母の日を毎年楽しむ会など、いろいろなつながりや広がりがあるのではないでしょうか。SNSはよくわからないし、何だか怖いという人は自分一人で楽しめるように、自分を癒す日にするのはどうでしょうか?赤いカーネーションを買って部屋に飾り、おいしいものを食べて、特別な時間を過ごす日と決めて楽しむのも良いでしょう。

いつもと違う食卓の演出や、音楽を流すのもスペシャル感を演出できます。

母の日について悩んでいませんか。

自分に感謝する事は大切な事です。

自分が世界の子供たちの母になると決めて、世界の子供たちへの寄付をする日に決めるのも素敵です。



近所の子供たちへの貢献でも良いかもしれません。
自分の考えで、母にまつわる何かを実行する日にするのはどうでしょうか?贈り物をしたりするだけの日ではなく、感謝の気持ちを表現する日なのですから。